moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


image   エル・オルファナート ―孤児院― /THE ORPHANAGE

image image
ジャンル:ホラー・ミステリー
製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ
監督:ホアン・アントニオ・バヨーナ
出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、メベル・リヴェエラ他
評価:
★★★★☆
image

image  エル・オルファナート − ストーリー

ラウラは、かって孤児院として幼少時代を過ごした邸宅に、夫カルロス、幼い息子シモンと共に移り住む。
シモンはふたりの実子ではなく、乳児の頃養子として引き取った子であった。
そんな彼を実の子供同様に愛し、幸せな家庭を築いていた。
しかし、この邸宅に移り住んだ頃より、息子シモンが不可解な行動をするようになった。
ラウラには見えない友達と遊ぶシモン。
そんなある日、シモンは突然行方不明になる。
必死で彼の行方を探すラウラは、この孤児院に秘められた過去の恐ろしい真実を知ることになる・・・。

 
image エル・オルファナート−感想


このエル・オルファナートは、『パンズ・ラビリンス』や『デビルズ・バックボーン』などスペインホラーを始め、独特な映像美で高い評価を得ているメキシコ人監督ギレルモ・デル・トロの作品である。

本国スペインでも大人気で、今年のゴヤ賞でも14部門でノミネート。
主演のベレン・ルエダはホラー映画のアカデミー賞と言われるサターン賞で主演女優賞にノミネートされ、高い評価を得ている。

上記に挙げた『パンズ・ラビリンス』や『デビルズ・バックボーン』のように、中心となるのはいたいけな少女や少年であり、このエル・オルファナートでも彼らの残酷な運命に心が詰まる思いになるであろう。

バンス・ラビリンス』がどちらかと言うと、ダークファンタジックな作品であったのに比べ、このエル・オルファナートは『デビルズ・バックボーン』と同様、いわゆる幽霊物である。
しかし、怖さではこちらに軍配が上がるだろう。 古城と見まがうような元孤児院を舞台に、スパニッシュゴシックな雰囲気で物語りは展開する。

言うまでもないが、ここでもギレルモの映像美は健在で、アメリカ製ホラーにはないヨーロッパの伝統美が溢れている。
ひたひたと迫り来る恐怖、直接的な残酷描写は皆無でも、ひんやりとした恐怖感に満ちている。
物に関連させて、その物からその在り処を探し出すゲームや、日本でもおなじみの『だるまさんは転んだ』のような遊びがここで登場するが、非常に効果的に扱われ、観るものをドキドキさせる。
何気ない子供の遊びが、ここではミステリー性を高めたり、また恐怖を煽る。

美しいヨーロッパの伝統美に溢れたギレルモ・デル・トロの世界は、私を虜ににして止まない。
次回作が大変楽しみな監督である!!


more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.