moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


image  28週後 − 28 Weeks Later

image image

ジャンル:ホラー、パニック
監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ
出演:ロバート・カーライル、キャサリン・マコーマック
日本公開:未定  2007年 イギリス
評価:
★★★★

image

image 28週後 28 Weeks Later −ストーリー
「28日後」の続編。
イギリス。
血によって感染して、人びとを凶暴化させる恐怖のウイルス“RAGE”がロンドンを襲ってから28週間後、猛威のウイルスは死滅し、国は少しずつ復興に向けて動き出す。
生残った者たちは、アメリカ軍が守るロンドン中心部にある隔離された地域で暮らしていた。
平和も束の間、思いがけない出来事によって、あの恐怖が再び・・・・。
 
image 28週間後 28 Weeks Later −感想

この28週後は、前作の28日後の監督ダニー・ボイルからスペイン人監督であるファン・カルロス・フレスナディージョ にバトンタッチ。

ファン・カルロス・フレスナディージョは日本ではほとんど無名に近い監督であるが、スピーディなストーリー展開で、私的には前作「28日後」よりも、全体的に満足の行く作品であった。

前作の28日後は、途中までの展開はいいのだが、ラストが尻つぼみで、惜しい作品だ。
今作はラストもきちんと締め、次回作を予感させるような終わり方である。

この28週後の特徴として、美しいイギリスの町並み、田園風景が随所に見られ、一見するとホラー映画の舞台とは無縁なのどかな風景とおぞましいゾンビとの対比である。
この作品にもいたるところにそんな美しいイギリスの町並み、自然が映し出され、ホラー映画特有の緊張感に一種の清涼剤的役割を担っている。

ゾンビと言うとノソノソとゆっくりと歩くというのが昔のゾンビの定説であったが、前作でも驚いたのだが、全速力で追いかけてくるので、追われるほうはたまったものではない。
圧巻は大草原でのシーン。
数え切れないほど大勢のゾンビが、美しい丘陵地帯にある草原を全速力で走り、向かってくるのだ!もう絶対絶命と思いきや、意外な撃退法を!
思わず手をたたいてしまった。
このシーンはクライマックスであろう。
必見である。

キャストはイギリスの労働者階級の見本のようなロバート・カーライルと「ブレイブ・ハート」でメル・ギブソンの妻を演じたキャサリン・マコーマック等、味のある俳優が出演している。
キャサリン・マコーミックと言えば美人女優と言うイメージがあったが、役が役だけに、ずいぶんと老けたなと言う印象であった。

ロバート・カーライルの容姿は小柄で貧相であるが、何故か昔から気になる俳優であり、実に味がある俳優である。
ここでは、ゾンビに追い詰められた妻を見捨て逃走し、その罪悪感に苛まれる夫であり父と言う役をいつもながら繊細な演技で演じていた。

前作でいまいちと思った方も、この28週後は是非鑑賞して頂きたい。
決して期待を裏切らない作品だろう。


more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.