moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


image  デッド・サイレンス -DEAD SILENCE-

image image
ジャンル:ホラー・ミステリー
監督:ジェイムズ・ワン
出演:ライアン・クワンティン、ドニー・ウォールバーグ、アンバー・ヴァレッタ
日本公開: 2007年 アメリカ
評価:
★★★☆
image

image デッド・サイレンスDEAD SILENCE −ストーリー

ジェイミー・アッシェン(ライアン・クワンティン)は妻(ローラ・リーガン)と幸せな日々を送っていた。
そんなある晩、ジェイミー宛に差出人不明で腹話術人形(ビリー)が彼らの元に送られてきた。
半信半疑に思う二人だったが、さして気に留めず、 ジェイミーは一人で夕食を買いに出る。
帰宅すると、妻は何者かに舌を切り取られ惨殺されていた。

ビリーの故郷では、腹話術人形は悪いことの兆候とされており、子供の頃から伝わる人形にまつわる詩が頭によぎった。
「メアリー・ショーの視線に気をつけて。彼女には人形しかない。夢で彼女に会っても・・・・。」

その先がどうしても思い出せない。
すべての謎の答えは故郷の町にあると、その謎を解くために帰郷する。
そして、そこには恐ろしい真相が隠されていた・・・。


 
image デッド・サイレンス -DEAD SILENCE- −感想

このデッド・サイレンスは、あの驚愕ホラー「ソウ」シリーズのジェイムズ・ワンとリー・ワネルのコンビの新作ホラー映画。

ソウは映像もストーリー展開もスタイリッシュで、新感覚ホラーであったが、この新作デッド・サイレンスは、映像・ストーリー共にどこまでもクラシカルである。
昨今の血みどろ、ドロドロ映画中心のホラー映画を見慣れているせいか、ミステリー性を交えたこうしたホラーは実に新鮮に感じる。

怖さと言う点では、全く恐怖感は感じないが、「腹話術師」の謎を追うくだりは、おもしろい。
ただ視覚で見せるだけの内容がないホラーが多い中、このようなミステリー性を交えた作品は、ワクワクする。
そしてなんと言っても、「ソウ」同様、ラストの回想シーン。
ここで、えぇぇ〜と驚く事実に直面する。

やっぱりやってくれたかジェイムズ・ワン監督!!
ソウと比較すると手法もクラシカルで派手さは全くないが、次作で「ソウ」の二番煎じを製作するより、ホラーの原点に戻ったこのような作品の方がある意味ずっと好感が持てる。

余談であるが、この映画に登場する「ビリー」と言う名前は、「ソウ」で登場する機械仕掛け人形と同名であり、作中にはちらりとだが、元祖ビリー人形も登場する。
そんな監督の遊び心溢れる作品であった。

more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.