moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


image  プリミバル − Primeval

image image
ジャンル:パニック、サスペンス
監督: マイケル・カトレマン
出演: ドミニク・パーセル、アビヴァ・マスター、スティーブン・ジョンソン
日本公開: 2007年 アメリカ
評価:
★★★☆
image

image プリミバル −ストーリー

TVディレクターのティムは、政治家のスキャンダルをスクープしたが、誤報であったため立場が危うくなってしまった。
干されたくなければ巨大ワニを生け捕りにして来いと命令され、仕方なくアフリカのブルンジ共和国に向かう。
内戦は停戦中だと言う情報だったが、実際にはフツ族とツチ族の争いが続いていた。
戦火の中、川をさかのぼり巨大ワニの棲み処にたどり着いた一行。
ところが、罠を仕掛け待機している間に偶然フツ族による処刑を撮影してしまい、そのことでフツ族による執拗な襲撃を受けてしまう。
さらに川からは巨大ワニが襲いかかってきて...。

 
image プリミバル −感想

このプリミバルはサバイバルパニック作品である。
9mもの体調を持つワニに追われるだけでなく、軍による執拗な襲撃とWで始終緊張感溢れ、テンポも非常にスピーディである。
サメに追われれば、陸に逃げ込めばいいが、サメは水陸両用であるので、逃げ場がないから始末に悪い。
それも、このワニはまるでライオンが獲物を捕らえるかのような速さで陸を疾走する。
これでは、追われる方もたまったものではない。
そんな恐ろしいワニに追われ逃げ切るだけで精一杯なのに、フツ族の軍の執拗な襲撃と、人間の怖さもたっぷりと味わえる作品である。
土壇場までハラハラドキドキの展開で、これでもかといたぶられる登場人物たち。
始めは全くと言うほど期待していなかったのだが、なかなかどうして非常に楽しめる作品であった。
このプリミバルの主演は、あの人気ドラマ「プリズン・ブレイクの」兄リンカーンを演じるドミニク・バーセルである。
前年度には、「グレイブダンサーズ」と言うホラー映画に出演しており、そちらの作品はおせいじにも出来が良いとは言いがたい作品であったが、このプリミバルに関しては、突っ込みどころはあるにしても、娯楽映画として十分楽しめる作品であった。


more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.