moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


image  ザ・シューター 極大射程 Shoote

image image
ジャンル:歴史・サスペンス
監督 : アントワーン・フークア
出演 : マーク・ウォルバーグ 、 マイケル・ペーニャ 、 ダニー・グローバー 、 ケイト・マーラ 、 イライアス・コティーズ
日本公開:2007年、アメリカ
評価:
★★★★
image

image ザ・シューター 極大射程−ストーリー

元海兵隊の名狙撃手、スワガーは軍を退いて山奥で暮らしていた。
そんな彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。
彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。
スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。
演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。
すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった。

 
image ザ・シューター 極大射程−感想

狙撃手を主人公とした映画の名作と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「山猫は眠らない」である。
あの作品を観て狙撃と言うのは風や気流を読み、非常に頭を使うものだと言う事を知った。

このザ・シューターでもそんなエピソードが随所に出てくるので、山猫〜ほどはマニアックではないが、スナイパーもの好きにはたまらない。
山猫がどちらかと言うとマニアックに徹したのに比べ、この作品では、エンターティナメント性を存分に交え、誰にでも楽しめる作品に仕上がっている。
どんな作品かと一言で言えば、マット・ディモン主演の大ヒット作「ボーン・アイデンティティー」シリーズ+「山猫は眠らない」と言った感じである。

狙撃手演じるのは、「猿の惑星」や「ブギーナイツ」、近年では主演ではないが「ディパーテッド」で初のアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど活躍目覚しいマーク・ウォルバーグ
この作品では、孤高のヒーローをカッコ良く演じている。
たぶん、この作品の成功によって、大きく彼は今後躍進していく事だろう。
そして、「ボーン・アイデンティティ」シリーズのように今後シリーズ化していくのではないだろうか。

孤高のヒーローと言えば、シルヴェスター・スタローンの「ランボー」が真っ先に思い浮かぶが、21世紀のヒーロー像は、肉体だけでなく、頭脳の明晰さが必要不可欠である。
汗臭さをそれほど感じさせない、ピンチには肉体だけでなく頭脳をもって切り抜ける。
そんな21世紀の新しいヒーローの一人が、この映画によって誕生した。

裏切られ傷つき、そしてまた同様裏切られ、今度は傷つく暇なく命を狙われ、言われもない罪を着せられる主人公。
ここまでは良くあるストーリーの流れと言えるが、そこに卓越した狙撃手としての腕を持つマーク・ウォルバーグ演じる寡黙なスワガーの存在が加わって、手に汗握るアクション、サスペンス劇となっている。

「ボーン・アイデンティティー」や「山猫は眠らない」のファンの方は是非劇場に足を運んでほしい、存分に楽しめる作品であった。

more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.