moveisイメージ
HOMEへ映画TOPへ旅行へグルメへ壁紙へ音楽へ写真へリンクへ掲示板へetc

 


映画
バベル - Babel

image image

ジャンル:ドラマ
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子
製作国:アメリカ
日本公開:2007年
評価:★★★

image
icon バベル - ストーリー

旧約聖書において人間の愚かさを象徴した「バベルの塔」をモチーフにした作品。
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本の4ヵ国で展開され同時進行する物語が、密接に絡み合いながら一つの結末に向かう壮大なスケールのヒューマン・ドラマである。

<モロッコ>
ジャッカル対策に、父親から銃をもらった2人の兄弟。
無邪気に銃を試し射ちする二人だったが、恐ろしい事件へとそれは繋がる。

2人の子供はアメリカに置いて、旅行でモロッコを訪れたアメリカ人夫婦。
バスでモロッコを移動中、思わぬ悲劇が二人を襲う。

<アメリカ>
メキシコ メキシコにいる息子の結婚式を明日に控えた、メキシコ人の家政婦。
しばらく逢っていない息子に逢うため、預かっている子供の世話をしてくれる人を見つけるため奔走するが、運悪く見つけられないまま、時間が過ぎていく。

<東京>
母親を失くし、父と二人暮しの聾の女子高生。母親を失くした痛みが癒えないまま、父親にも心を開けない日々が続いている。
やがてチエコの痛みは、性衝動、露出衝動につながっていく。

 
icon バベル− 感想 

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の過去の作品、『アモーレス・ペロス』、『21グラム』と同様、時間軸が複雑に交差する作品である。

今回は、モロッコ、アメリカ・カリフォルニア州、メキシコ・ティファナ、そして東京・赤坂と、地域も広範囲に渡り、ある事件をきっかけに登場人物たちのそれぞれのストーリーが交差していく。

一見無関係と見える人々が、どこかでつながっていると言う描き方は大変面白い。
しかし、日本を舞台にした役所広司 と菊地凛子の父娘の物語だけどこか浮いている。

モロッコの兄弟と、彼らが誤って狙撃したアメリカ人の妻とその夫。
アメリカ人の子供とベビーシッター。
狙撃に使用した銃の最初の持ち主が日本人の役所広司 という具合なのだが、3つのストーリーの中で私的には一番面白くなかった。
娘役を演じた菊池凛子はアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、惜しくも受賞を逃した。
大胆な演技は評価するが 女性から見ると生理的に彼女の演じる役に入り込むことができなかった。
個性があるといえばあるのだが、彼女のふてぶてしい面構え、妙に生々しく生活観が漂う彼女の裸体は、とてもハイテーンの女の子には見えない。
案の定、実際の年齢は26歳で、あとでなるほどと思ってしまった。
日本作品で、年相応に演じる作品を見てみたいものである。

ストーリー的には、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ惜しくも受賞を逃してしまった、アドリアナ・バラッザ演じるメキシコ人ベビーシッターとその子供たちの物語が、彼女の名演もあって短いながら感動できたエピソードと言える。

この手の映画は誰にでもという類の作品ではなく、ある程度人を選ぶ作品ではないだろうか。



more Homeへ(映画コーナーには、日本公開前の作品プレビュー多数あります。)

icon 近日公開作

 

 

menu


Copyright c 2008 The Gothic. All rights reserved.